NEWS

2016.10.13 / NEWS
「内装・紙・WEB」お店のデザインは客層以上に集客シーンが大切

news161012_04
 
よくターゲットを絞るや、メイン客層は20代後半から30代半ばなどといったいわゆる「客層」からお店のデザインを作るといったお話を良く耳にします。もちろん大都市圏ではそれも大切なのかもしれませんがここは東海エリア。地域都市として特に飲食店の場合、最も重要視しなければならない事は「集客シーン」ではないでしょうか?センスもライフスタイルも細分化する中で、統一した世代ニーズを掴むのは難しいと感じます。極端に言えば20代の感性を持った50代、40代の感性を持った20代など人それぞれなのです。それよりも確実に「どんな利用シーンで使いたいのか?」それを掘り下げ追求していくと自然とお店の集客の仕方が見えてくるのではないでしょうか?内装で実現する事、印刷物で伝えたい事、ウェブで知ってほしい事など、全ての点が線となって、企画も含めた店舗のデザインができると感じております。

page top